酒蔵紹介

北海道・東北

高砂酒造

高砂酒造

高砂オンリーワンストーリー
ここでしか造れない地酒を醸すこと。
人の手で良質な酒を造り誠実に商うこと。
それが高砂酒造の基本姿勢。
明治32年から今日まで守り育み続けてきた誇りとこだわりは、これからも決して変わることはありません。
水と、米と、人の手と、知恵そして歴史。
高砂酒造の酒には、ストーリーが詰まっています。

国士無双 大吟醸国士無双 国士無双
特別純米 烈
酒質 純米酒 大吟醸 特別純米
日本酒度 +3(辛口) +4(辛口) +5(辛口)
酸度 1.3 1.1 1.4
原料米 美山錦 山田錦 美山錦
精米歩合 60% 40% 58%
高砂酒造のお酒一覧

赤武酒造

赤武酒造

ガッツラうまい酒 今年で5歳となる浜娘
目指しているものはしっかり味のある「ガッツラうまい酒」。現在、浜娘のラベルには、東日本大震災から数え「五歳」とある。大槌町の蔵は津波と火災によりすべてなくなった。当初は廃業も考えていたのが多くの仲間やお客さまの励ましで再建を決意。今年、盛岡市にて復活蔵を建設。社員一同「前よりうまい酒を造る!」が合言葉。ガッツラうまい酒、復活します。

浜娘 純米 浜娘 純米吟醸
酒質 純米酒 大吟醸
日本酒度 +2.8(辛口) -2(やや甘口)
酸度 1.7 1.2
原料米 岩手県産米 吟ぎんが
精米歩合 60% 50%
赤武酒造のお酒一覧

小玉酒造

小玉酒造

醸造三品、秋田の心を醸す
明治12年創業、「ヤマキウ」味噌・醤油の醸造元であり、酒王国“秋田”の銘酒の一角をなす老舗蔵。八郎潟に広がる田園地帯にモダンなレンガ造りの蔵が印象的。昭和60年より手間のかかる日本古来の伝統的な手法「生?造り」で蔵元独自の醸造を続け、質の高い日本酒は数々の鑑評会で金賞を受賞している。

神月 きもと純米 太平山 天巧
純米大吟醸
酒質 純米酒 純米大吟醸
日本酒度 +3(辛口) +1(やや辛口)
酸度 1.8 1.5
原料米 美山錦 山田錦
精米歩合 59% 40%
小玉醸造のお酒一覧

木村酒造

木村酒造

木村酒造の創業は元和元年(1615年)。
いまでは多くの酒蔵を有する秋田県にも、当時は数えるほどしかなかったと言われています。豊臣家の重臣であった木村重成の一族が、ここでしか得られない土地の恵みを活かしてはじめた酒造り。以来、天下泰平の江戸時代には稲作の安定とともに、藩政時代には院内銀山の活況とともに歩み、明治38年の奥羽本線開通後は県外出荷も開始。そして、創業から400年。いつの時代も、地域や社会の変化に寄り添いながら、ここでしかできない酒造りに従事してきました。

純米吟醸  福小町 福小町  純米辛口
酒質 純米吟醸 純米
日本酒度 +2.5(辛口) +8(大辛口)
酸度
原料米 酒造好適米 秋田県産米
精米歩合 55% 70%
木村酒造のお酒一覧

両関酒造

両関酒造

「長期低温発酵」のルーツと言われる蔵
良質な米と、栗駒山系から脈々と流れ出る水が、名水百選「力水」として両関の仕込み水となり、伝統的な酒造りを行っています。また、両関は創業当初から自社内で杜氏を育てる方針を貫いています。「人の和によって生まれ、人の和を醸す」「品質第一主義」というポリシーを堅持しながら、伝統の精神を今日まで守り続けているのです。

両関  純米酒
酒質 純米酒
日本酒度 +2.8(辛口)
酸度 1.7
原料米 秋田県産ゆめおばこ
精米歩合 59%
両関酒造のお酒一覧

一ノ蔵

一ノ蔵

自然との共生を大切にし、伝統を守っていくこと。お客様に満足していただくこと。地域振興につなげること、これが一ノ蔵の酒造りの原点。この精神のもとに、浅見商店・勝来酒造・桜井酒造店・松本酒造店がひとつになり、昭和48年一ノ蔵が誕生しました。初代社長・松本善作は、各蔵元の若き代表者の4人に、「家族ぐるみでつき合い、喜びも悲しみも分かち合おう。力を合わせて新しい蔵を作り、できるだけ手づくりの仕込みを残した高品質の酒を造ってほしい」と願いを託しました。手づくりの仕込みは現在も忠実に守られています。

一ノ蔵 無鑑査本醸造辛口 一ノ蔵 特別純米 辛口
酒質 本醸造 特別純米
日本酒度 +4 +1
酸度 1.1?1.3 1.4?1.6
原料米 酒造好適米 酒造好適米
精米歩合 65% 55%
一ノ蔵のお酒一覧

出羽桜酒造

出羽桜酒造

『でわざくら』は天童市中央の舞鶴山の美しい桜にちなんで名付けられた。地元の米と水で、地元の杜氏と蔵人が醸す酒。地元の消費者の熱い支持を受ける酒。吟醸酒の素晴しさをより多くの人に知ってほしい。そんな願いを込めて造り続けている吟醸酒は、市販吟醸酒のパイオニアと高く評価されています。

出羽桜 一耕 桜花吟醸酒
酒質 特別純米酒 吟醸
日本酒度 +3 +5
酸度 1.4 1.2
原料米 山形県産米 出羽燦々
精米歩合 55% 50%
出羽桜酒造のお酒一覧

北陸・甲信越

白瀧酒造

白瀧酒造

白瀧酒造は、越後湯沢の真ん中に位置し四季を通じて湧出する場所、谷地にあります。全国でもトップクラスの酒造好適米の産地新潟県であること、寒冷な気候で麹菌の育成に必要なきれいな空気があることなど、日本酒造りに欠かせない環境が白瀧酒造には揃っている。創業から受け継がれる「多くの人に喜ばれる日本酒」を目指す気持ちはこれからも変わらない。常に新鮮な味わいを求め 白瀧酒造は挑戦を続けています。

上善如水
純米吟醸 上善如水
純米大吟醸 湊屋藤助
純米大吟醸
酒質 純米吟醸 純米 純米大吟醸
日本酒度 +5(辛口) +2(中口) +1(中口)
酸度 1.3 1.5 1.6
原料米 酒造好適米 酒造好適米 新潟県産 超淡麗
精米歩合 60% 45% 50%
白瀧酒造のお酒一覧

皇国晴酒造

皇国晴酒造

名水が湧く蔵 大自然がくれた神秘の水
皇国晴酒造のある黒部市生地はまわり一帯日本有数の湧水地域。日本広しといえども、「名水」が自噴する井戸を敷地内に持っている酒蔵はここだけ。蔵元の家名から「岩瀬家の清水」と呼ばれている。軟水と硬水の二つの水脈を持ち、この2種の仕込み水を銘柄によって巧みに使い分けている。

幻の瀧 純米吟醸 幻の瀧 大吟醸
酒質 純米吟醸 大吟醸
日本酒度 +3(辛口) +4(辛口)
酸度 1.5 1.2
原料米 五百万石 山田錦
精米歩合 60% 50%
皇国晴酒造のお酒一覧

鹿野酒造

鹿野酒造

能登杜氏の技を引き継ぎ醸す、魂の酒
霊峰白山を望む加賀の地で山廃造りを得意とする蔵元。次世代を担う能登杜氏のリーダーの一人として期待された木谷氏が醸す伝統と革新を調和した酒造りに挑んでます。

常きげん
純米 常きげん
山廃純米 常きげん 山廃
純米吟醸 山純吟
酒質 純米 純米 純米吟醸
日本酒度 +3.0(辛口) +3.0(辛口) +3.0(辛口)
酸度 1.6
原料米 五百万石 山田錦 山田錦
精米歩合 60% 60% 55%
鹿野酒造のお酒一覧

中村酒造

中村酒造

真のスローライフ、スローフードを追求する蔵
地元石川県産の酒造好適米「五百万石」のみを使い、白山水系の伏流水を使用して、能登杜氏が精魂込めて醸した石川県産100%の地酒です。「地産地消」の考え方のもと食の安全・安心の具象化にも積極的に取り組んで、真のスローライフ、スローフードを提案します。

加賀雪梅 純米
酒質 純米
日本酒度 +5.0(辛口)
酸度 1.3
原料米 五百万石
精米歩合 60%
中村酒造のお酒一覧

八海醸造

八海醸造

創業は大正11年。酒蔵のある南魚沼郡は、日本一美味しいコシヒカリの産地としても知られている豪雪地帯で、仕込の時期には深い雪で町が覆われます。しんしんと空から舞い落ちる雪は、大気中のほこりを取り去って清浄な空気をもたらしてくれるばかりでなく、雑菌の繁殖を抑え込み、酒蔵を包み込むように降り積もった雪は、蔵を天然の冷蔵庫にし、酒造りにとってまたとない恵まれた環境を提供してくれます。

八海山 純米吟醸 八海山 吟醸 八海山 特別本醸造
酒質 純米吟醸 吟醸 特別本醸造
日本酒度 +4 +5 +4
酸度 1.1 1 1
原料米 山田錦 山田錦 五百万石
精米歩合 50% 50% 55%
八海醸造のお酒一覧

車多酒造

車多酒造

創業は大正11年。酒蔵のある南魚沼郡は、日本一美味しいコシヒカリの産地としても知られている豪雪地帯で、仕込の時期には深い雪で町が覆われます。しんしんと空から舞い落ちる雪は、大気中のほこりを取り去って清浄な空気をもたらしてくれるばかりでなく、雑菌の繁殖を抑え込み、酒蔵を包み込むように降り積もった雪は、蔵を天然の冷蔵庫にし、酒造りにとってまたとない恵まれた環境を提供してくれます。

山廃仕込純米
酒質 純米酒
日本酒度 +3
酸度 1.8
原料米 五百万石
精米歩合 60%
車多酒造のお酒一覧

朝日酒造

朝日酒造

天保元年、創業時の屋号を冠し、品質本位の酒造りを誓った新潟の酒。誕生以来、時代は移り変わっても、変わらないもの。それは久保田自身を磨き続けること。米を磨き、技を磨き、そして、酒造りの想いを磨く。「もう一度飲みたい」その声にこたえ続けていきます。

久保田 百寿	久保田 千寿	久保田 萬寿
酒質 特別本醸造 吟醸 純米大吟醸
日本酒度 +5 +5 +2
酸度 1 1.1 1.2
原料米 五百万石 五百万石 五百万石
精米歩合 60% 50% 50%
朝日酒造のお酒一覧

石本酒造

石本酒造

「あー、旨かった」その一言の為に醸されるお酒。石本酒造が目指す酒とは、さわりなく飲めて、米本来の旨さを感じられる酒。そんな酒であれば、料理の味わいを引き立てる酒として、食中食後・・・と最後まで飲み飽きずに、酔い心地を楽しめます。

越乃寒梅 別撰 越乃寒梅 白ラベル
酒質 特別本醸造 普通酒
日本酒度 +7 +6
酸度
原料米 五百万石 五百万石
精米歩合 55% 59%
石本酒造のお酒一覧

黒龍酒造

黒龍酒造

創業1804年(文化元年)。
初代蔵元 石田屋二左衛門以来、手造りの日本酒を追求して来た黒龍。
水質に優れた土地柄や松岡藩が奨励したこともあり、全盛期には17を数えた酒蔵も、今となっては石田屋の屋号を持つ黒龍酒造と、他一軒。
これは伝統文化である日本酒造りを頑ななまでに守り続けた結果である。

黒龍 いっちょらい 黒龍 純米吟醸
酒質 吟醸 純米吟醸
日本酒度 +5 +1
酸度
原料米 五百万石 五百万石
精米歩合 55% 55%
黒龍酒造のお酒一覧

東海

山崎合資会社

山崎合資会社

妥協なき職人魂
妥協なき職人魂がわが社の誇り!「東海の瀬戸内海」とも称される三河湾を望む風光明媚な幡豆の地に当社はあります。地元で契約栽培された原料米を自社で丁寧に精米し、麹造りはすべて手作業で行っています。そして、仕込みから貯蔵まで適切な温度管理を行い、本物のうまさをとことん追求しています。

尊皇
辛口純米 活鱗 純米吟醸原酒
尊皇
酒質 純米 純米吟醸
日本酒度 +11(大辛口) +2(中口)
酸度 1.5 1.9
原料米 若水 若水
精米歩合 70% 60%
山崎合資会社のお酒一覧

天領酒造

天領酒造

飛騨の自然の恵みで育った酒造好適米『ひだほまれ』と、太古の昔から脈々と流れる、飛騨山脈からの地下水を、 杜氏が魂を込めて醸した天領の日本酒。
江戸時代に飛騨を愛した日野屋佐兵衛から脈々と受け継がれた、『飛騨を語る飛騨の酒』です。

大吟醸
ひだほまれ天領 特別純米
飛切り 純米酒  天領
酒質 大吟醸 特別純米 純米
日本酒度 +0~2(中口) +3~4(辛口) +3~4(辛口)
酸度 1.5 1.4 1.4
原料米 ひだほまれ ひだほまれ ひだほまれ
精米歩合 45% 60% 65%
天領酒造のお酒一覧

関西

田嶋酒造

田嶋酒造

「究極の食中酒」
山廃仕込の日本酒は「酸味」が特徴です。
少し前「酸味」はあまり評価されませんでした。
しかし食生活の変化により、この「酸味」こそが和食はもちろん洋食の味わいも引き立ててくれます。

福千歳 福 福千歳 徳 福千歳 圓
酒質 純米大吟醸 山廃純米吟醸 山廃純米
日本酒度 +3(辛口) +4(辛口) +3(辛口)
酸度 1.7 1.6 1.6
原料米 越の雫 越の雫 五百万石
精米歩合 40% 55% 60%
田嶋酒造のお酒一覧

清水清三郎商店

清水清三郎商店

伊勢杜氏の伝統を引き継ぎ、「味酒」を醸しています。
鈴鹿山脈の清冽な伏流水は、酒造りに非常に適しており、伊勢平野は良質な米を我々に与えてくれました。当社は、1869年(明治二年)に若松村にて大黒屋清水清三郎商店として創業しました。若松は海に面しており港も近いために、かつては多くの醸造業が繁栄しましたが、現在では当社は鈴鹿市で唯一の蔵元となってしまいました。 当社は、昔ながらの伊勢杜氏(農閑期の出稼ぎではない地元の杜氏による酒造り)の伝統を引き継ぎ、鈴鹿で生まれ育った杜氏が歴史史実に負けない「味酒」を精魂込めて醸しています。

鈴鹿川 純米 鈴鹿川 純米吟醸 鈴鹿川 純米大吟醸
酒質 純米 純米大吟醸 純米大吟醸
日本酒度 +3(辛口) +4(辛口) +0(中口)
酸度
原料米 自家栽培米 自家栽培米 自家栽培米
精米歩合 60% 60% 50%
清水清三郎商店のお酒一覧

北川本家

北川本家

技術は歴史の積み重ねの上にある
江戸時代 明暦三年(1657年)京都・伏見に創業。300年以上にわたり伝えられた伝承の技と原料にこだわり、京都・伏見の豊かな水に恵まれた環境のなかで京都の食文化とともに歩んでまいりました。そして伝承の技にさらに磨きをかけ、全国新酒鑑評会では通算16回の金賞を受賞。
また、近代的な設備や最新技術も積極的に導入することで、最新技術と人の技を融合し、本当に価値のある日本酒をお客様に提供するため努力しています。

富翁 大吟醸 山田錦 富翁 純米吟醸 祇園小町 富翁 大吟醸純米 吟の司
酒質 大吟醸 純米吟醸 大吟醸純米
日本酒度 +5 +3 +4(辛口)
酸度 1.6 1.3 1.2
原料米 山田錦 酒造好適米 五百万石
精米歩合 39% 58% 49%
北川本家のお酒一覧

山本本家

山本本家

伝統の清酒をいつまでも皆様にお届けしたい
創業以来京都伏見の地にて商いをつづけている老舗酒蔵。滾々とわき 出る伏見の名水「白菊水」と京の食文化、そして受け継がれた伝統の技が育て上げた自慢 の酒は、歴史の深みを感じさせます。江戸時代初期に創業して以来、幕末の戦災(鳥羽、伏見の戦い)をのりこえた老舗酒 蔵として現在に至る。

純米大吟醸 松の翆 純米吟醸 唯穂
酒質 純米大吟醸 純米吟醸
日本酒度 +5 +0.7
酸度 1.3 1.5
原料米 八反錦 山田錦
精米歩合 50% 50%
山本本家のお酒一覧

神戸酒心館

神戸酒心館

宝暦元年(1751年)に創業し、手造りにこだわる酒蔵として十三代にわたり「福寿」の名を守り続けてます。良質な原料、蔵人の感性、膨大な手間と時間。そのどれひとつが欠けても美味しいお酒は完成しません。私たちは、効率やスピードを追わず時代におもねることのない、丁寧な酒造りを続け、日本酒の豊かな伝統を未来へ繋いでいきたいと考えます。

福寿 吟醸 Rosa 純米吟醸 唯穂 純米吟醸 唯穂
酒質 吟醸 純米 本醸造
日本酒度 +3 +4 +5
酸度 1 1.4 1.3
原料米 山田錦 山田錦 酒造好適米
精米歩合 60% 70% 70%
神戸酒心館のお酒一覧

中国・四国

賀茂鶴酒造

賀茂鶴酒造

1623年(元和9年)に賀茂鶴の前身「小島屋木村家」は創業しました。1873年(明治6年)、木村和平が酒銘を『賀茂鶴』と命名。
1918年(大正7年)、木村静彦が「賀茂鶴」の発展を祈望し、家業より脱皮すべく、「賀茂鶴酒造株式会社」を設立。
伝承されつづけた頑固一徹なまでの手造りと素材へのこだわりは、その技を受け継いだ蔵人達によって守りつづけられ、数多くの賞を授かってまいりました。
「品質第一」主義のもと、日々皆さんに愛される酒造りのために研磨・努力を重ねております。

賀茂鶴
特別純米 賀茂鶴 純米吟醸
一滴入魂 特製ゴールド
賀茂鶴
酒質 特別純米 純米吟醸 大吟醸
日本酒度 +3 +3 +1.5
酸度 1.6 1.6 1.5
原料米 酒造好適米 酒造好適米 酒造好適米
精米歩合 60% 60% 50%
賀茂鶴酒造のお酒一覧

酔鯨酒造

酔鯨酒造

創業明治5年です。酔鯨酒造㈱は当初(「紅珊瑚」)べにさんごと言う酒名で近隣地域のみで販売しておりました。所在地は坂本龍馬の銅像で有名な景勝地<桂浜>に近く、高知市内にある唯一の酒倉です。豪快、という言葉にぴったりのお酒のネーミングですが、この名前の由来は15代土佐藩主の山内豊信公の雅号に因み命名いたしました。大変お酒好きで雅号にも“鯨海酔侯”とつけるほどお酒を楽しまれました。土佐では親しい人々が集まりおいしい料理とともに、楽しく飲むことを“お客をする”といいます。皆様よくご存知の皿鉢料理も男も女も皆が楽しめることを真髄に、結婚式などのお祝いの席、お悔やみの席、など多人数で集まる会ではお酒とともにが定番ごとです。

酔鯨
特別純米 酔鯨 純米吟醸
吟麗 酔鯨 純米大吟醸
山田錦
酒質 特別純米 純米吟醸 大吟醸
日本酒度 +3 +3 +1.5
酸度 1.6 1.6 1.5
原料米 酒造好適米 松山三井 山田錦
精米歩合 60% 50% 30%
酔鯨酒造のお酒一覧

八木酒造場

八木酒造場

山丹正宗の醸造元である八木酒造部は、江戸時代、幕末の足音が聞こえ始めた1831年(天保2年)に、愛媛県今治市にて創業いたしました。
銘柄の由来は、創始者八木治兵衛が出身地に因んで屋号を「丹波屋」とし、その紋である「山丹」と、酒のキレの良さを名刀"正宗"にあやかり、「山丹正宗」としたと伝えられています。平成8年からは「山丹」が読みにくいことから、ロゴを「山丹正宗」に変更しました。

山丹正宗 特別純米 山丹正宗 吟醸
酒質 特別純米 吟醸
日本酒度 +4 +4
酸度 1.4 1.3
原料米 松山三井 松山三井
精米歩合 60% 60%
八木酒造部のお酒一覧

旭酒造

旭酒造

酔うため、売るための酒ではなく、味わうための酒を求めて。大量販売の論理から生まれた酔えばいい、売れればいい酒ではなく、おいしい酒・楽しむ酒を目指してきました。何より、酒のある楽しい生活を提案する酒蔵であり続けたいと考えています。
生活の、一つの道具として楽しんで頂ける酒を目指して、「獺祭」(だっさい)を醸しております。

獺祭 純米大吟醸磨き二割三分 獺祭純米大吟醸磨き三割九部 獺祭 純米大吟醸50
酒質 純米大吟醸 純米大吟醸 純米大吟醸
日本酒度 +4 +6 +3
酸度 1.1 1.1 1.5
原料米 山田錦 山田錦 山田錦
精米歩合 23% 39% 50%
旭酒造のお酒一覧

九州・沖縄

天山酒造

天山酒造

ルーツは水車業です。現在地(佐賀県小城市)で小京都小城の祇園川の清流を利用し、水車業を営み、製粉・製麺業を文久元年(1861年)に開始します。当時、鎖国中の日本が海外へ積極的に目を開き、勝海舟が咸臨丸でアメリカへ初航海を行った頃の事です。
七田家は水車業をして既に地元の造り酒屋からも酒米の精米を引き受けていました。

天山 純米吟醸 赤ラベル 純米大吟醸 蛍川
酒質 純米吟醸 純米大吟醸
日本酒度 +2 +2
酸度 1.6 1.5
原料米 佐賀県産山田錦 佐賀県産山田錦
精米歩合 55% 45%
天山酒造のお酒一覧

瑞鷹

瑞鷹

慶応3年(1867年)、創業者吉村太八が新しいくまもとの酒造りを志して以来、より高い品質の追求と、風土に根ざした製品造りに励んでまいりました。
それから140年、創業者の想いは、今も変わることなく私どもの心に刻まれております。

吉祥瑞鷹 吟醸酒 芳醇純米酒 瑞鷹
酒質 吟醸 純米
日本酒度 +2 +2
酸度 1.6 1.4
原料米 山田錦 レイホウ
精米歩合 58% 65%
瑞鷹のお酒一覧

老松酒造

老松酒造

大分県と福岡県境の近く、九州山地の美しい山々に囲まれた日田は、かつて江戸幕府の天領でした。
そのため年貢の負担が軽いこともあり、九州の小京都といわれるほど独特の豊かな文化や産業が育った地方として知られています。初代は創業当時、日田地方にある松の老い木がある老松神社の泉より湧き出る清浄な水が酒造りに適していたので、酒造りを始めました。これが老松酒造の名の由来です。

老松山水 大吟醸 老松山水 特別純米
酒質 大吟醸 特別純米
日本酒度 +4 +1
酸度 1.2 1.5
原料米 山田錦 美山錦
精米歩合 40% 60%
老松酒造のお酒一覧